教えて!廃車の料金情報ガイド

廃車でかかる料金はどのくらいなのか

HOME > 廃車の料金情報 > 廃車でかかる料金はどのくらいなのか

廃車でかかる料金はどのくらいなのか

どれだけ大切に乗ってきた愛車でも、いつかは廃車にしなくてはなりません。
廃車にする上で気になるのは手続きにかかる料金です。
廃車費用にはレッカー代、解体代、リサイクル代、永久抹消登録申請書などがありますが、いずれのケースでもこれらの料金が全てかかるわけではありません。
例えば、解体屋に持ち込む際に自走できるのならレッカー代はかかりませんし、自動車の買い取りが可能なら解体代もかかりません。
リサイクル代も2005年以降に購入した新車や車検を受けていれば既に支払っているので、こちらもかからないでしょう。
永久抹消登録申請書は40円~100円程度かかりますが、申請料金はかかりません。
そのため安くて100円程度、高くて5万円程度の費用負担となります。
廃車手続きが面倒、陸運局に行く暇がないという方は廃車手続代行業者に依頼することもできますが、代行手数料が1万円程度かかります。


いずれにしても廃車手続きをするにはお金がかかるものですが、廃車買取業者に依頼するとこれらの費用が全て無料、それどころか買取額をもらって処分できます。
自宅まで買い取りに来てくれますし、そのまま運搬もしてくれるので自走できない車でもレッカー代や解体費用はかかりません。
買取額は自動車の状態によるので一概ではありませんが、1万円程度でもお金になるのなら損はないでしょう。
陸運局の窓口は平日しかあいていませんが、廃車買取業者なら土日でも営業しているので自分の都合に合わせて引きとってもらうこともできます。
自ら用意する書類もありませんし、税金の還付手続きをしてもらうことも可能です。
ただ、還付などの知識を持っておかないと買取業者に徴収されてしまうケースもあるので、その辺に関しては注意が必要です。


廃車料金が安く済み、手続きに行く暇もあるのなら自ら廃車手続きをしても構いません。
税金の還付が廃車料金を上回れば自分で続きをしてもお得ですし、先述したように知識がないと買取業者とトラブルになるケースもあるので、いずれにしても還付金額を知っておくことは重要です。
廃車買取業者に依頼する方が確実にメリットはありますが、還付金まできちんと対応してもらえる信頼できる買取業者を選ぶようにしましょう。
廃車買取業者はインターネットから探すことができます。
査定自体は無料なので複数の業者に査定をしてもらい、手続きにおける確認をした上で信頼できる業者を1社選んでみてください。
口コミを参考にしてみるのもいいですが、最近では廃車買取り一括査定サイトを活用する方も増えてきているようです。

次の記事へ

カテゴリー